CBD商品の受託条件と注意点

現在、CBD(カンナビジオール)の商品は、国内で盛り上がりを見せつつあります。まずは、化粧品から始まり、ヴェープなどの吸引商品やドリンク商品が流通し始めています。
一方、サプリメント商品は、輸入品が多く、まだ数が少ないのが現状です。

理由は、リコールリスクの関係上、CBD商品の製造を受けてくれる会社が少ないからです。CBD商品の場合、麻薬成分でもあるTHCが検出されれば、回収(リコール)命令に留まらず、刑事事件として処罰される可能性も有するからです。

海外原料では、THCフリーを謳うCBD原料が数多く存在します。
一方、日本では、分析基準(定量限界値が低い)が異なるため、輸入時にTHCが検出されてシップバックされるというケースも出てきております。
THCフリーのCBD原料であっても、日本で流通させることができない可能性もあるので、注意が必要です。

そのため、原料メーカーでもある弊社も、CBD案件に対して、慎重過ぎるほど慎重になって対応させていただいております。

CBD商品受託の弊社の指針

弊社では、現在、以下のような条件を満たす場合、案件を受けることにしております。

日本カンナビジオール協会の分析がロット単位で実施された原料支給
※弊社からの原料供給は、現在、準備中。
・原則、液剤タイプの剤形に限定
※随時、見直し中。



なお、日本カンナビジオール協会の理事である弊社顧問の紹介で、日本カンナビジオール協会の賛助会員になってもらい、製品でもTHCの分析を製造毎に実施してもらうことをオススメしております。
※今後、必須とさせていただく可能性もあり。

詳細については、お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。