1カプセルに1000mg入る?

物理的に、1カプセルに1000㎎の原料は配合/充填できません。
商品設計する場合、カプセルへの充填可能量を考慮する必要がございます。
例えば、ハードカプセルには、1号カプセル、2号カプセル、3号カプセルなどと、それぞれのサイズが存在し、それぞれに容積が設定されています。
そして、原料の嵩比重にもよるのですが、大体の配合量というものが決まっております。


 0号カプセル:420㎎前後 <大きいサイズ>
 1号カプセル:350㎎前後 <やや大きいサイズ>
 2号カプセル:280㎎前後 <一般的なサイズ>
 3号カプセル:180㎎前後 <小さめのサイズ>



同様に、ソフトカプセルでも、カプセルサイズによって内容量の制限がございます。
ソフトカプセルの場合、三割程度しか粉体原料が配合できないなどの制限がございます。
ご注意ください。

錠剤に関しては、配合量の制限はありませんが、その分、錠剤のサイズが大きくなります。
日本人が飲み込めるのは、丸錠で350~400㎎程度(ラグビー錠で500mg)であり、それ以上のサイズの場合、バリバリ食べれるチュアブルタイプにするなどの工夫が必要です。

健康食品サプリメントOEM製造へ戻る