売れるクリエイティブ研究

本ページでは、弊社チーフコンサル栗山が行っているクリエイティブ研究を原料毎に紹介しております。

赤ワインエキスR5

NMN&赤ワイン
NMNと赤ワインレスベラトロールの組み合わせは多いですが、実は、赤ワインエキスを用いると、NMN&ブドウプロアントシアニジンでも攻めることが可能です。
なぜ、この組み合わせが多くの商品で支持さ得ているか?を文献紹介を行いながら科学的な目線で解説。

ジオパワー15:山芋

Wジンジャー&山芋
ホット感と元気の組み合わせです。ジオパワー15を用いる場合、量のクリエイティブでもお得感を演出します。
にんにくを用いていないスタミナ素材の山芋を用いることで、臭いの心配も払しょくされます。

美活花80

プエラリアミリフィカを使用しないプエラリア商品
プエラリアミリフィカが指定成分として指定されたことによって本原料のニーズが高まています。
プエラリアの根ではなく、花でもプエラリアというワードをもいることができるからです。ワードに定着してるイメージを活用したクリエィティブです。

まめ鉄

Ferritin+:米国の広告クリエイティブ
米国のヒット商品のクリエイティブ開発です。
広告規制や機能性表示制度が異なるため、ストレートな表現が多いですが、まめ鉄が支持されているポイントをダイレクトに知ることができます。

商品設計の時点で勝ち負けの8割が決まる!

売れる商品、売れない商品の差の8割は、商品設計の時点で決まっています。
また、売れる商品なのに、クリエイティブ表現が下手なため、売れていないという商品も存在します。

重要なのは原料からの売れるクリエイティブ開発であり、商品設計には不可欠な情報です。この情報がないと売れる商品を作ることはできないでしょう。

是非、本ページにリンクされている弊社栗山の記事を参考にしていただけますと幸いです。

原料一覧に戻る