レスベラトロール 白藜芦醇とは

レスベラトロールとは、別名:長寿ポリフェノール・美魔女ポリフェノールと呼ばれる、アンチエイジングに特化したポリフェノールです。
赤ワインの粗原料であるブドウ、ピーナッツの皮、リンゴンベリーなどのベリー類に含まれることが知られています。

アメリカでは2000年中盤から注目が浴びていてのですすが、日本でも2011年6月12日のNHKスペシャル(生物の寿命が延びるとされる遺伝子「サーチュイン遺伝子」)で紹介され、爆圧的に注目を浴びるようになりました。

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子とも呼ばれる遺伝子です。
ハーバド大学デビット・シンクレアの研究チームであるHowitzらは、2003年、レスベラトロールによってテロメアDNAの寿命を延ばすことを発表し、一気にレスベラトロールの注目度が高まりました。

Howitz KT, Bitterman KJ, Cohen HY, Lamming DW, Lavu S, Wood JG, Zipkin RE, Chung P, Kisielewski A, Zhang LL, Scherer B, Sinclair DA. Small molecule activators of sirtuins extend Saccharomyces cerevisiae lifespan. Nature. 2003; 425(6954): 191-6.


また、同研究チームが高カロリー摂取を続けるマウスにレスベラトロールを投与すると長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子が活性化され、短命化するはずのマウスが短命化しなかったという論文を発表がなされ、レスベラトロールという成分が大注目を浴びるようになってのです。

Baur JA, Pearson KJ, Price NL, Jamieson HA, Lerin C, Kalra A, Prabhu VV, Allard JS, Lopez-Lluch G, Lewis K, Pistell PJ, Poosala S, Becker KG, Boss O, Gwinn D, Wang M, Ramaswamy S, Fishbein KW, Spencer RG, Lakatta EG, Le Couteur D, Shaw RJ, Navas P, Puigserver P, Ingram DK, de Cabo R, Sinclair DA. Resveratrol improves health and survival of mice on a high-calorie diet. Nature. 2006; 444(7117): 337-42.



サーチュイン遺伝子は、カロリー制限を行うことでも活性化することが知られており、Colmanら(2009年)の研究で、20年ほど飼われているサル(アカゲザル)で実験したところ、カロリーを30%制限したサルのサーチュイン遺伝子が活性化し、見た目も毛ヅヤが良くて肌もハリがあり、とても元気でした。
この遺伝子が活性化すると寿命が20~30%延びることが確認されています。

Colman RJ, Anderson RM, Johnson SC, Kastman EK, Kosmatka KJ, Beasley TM, Allison DB, Cruzen C, Simmons HA, Kemnitz JW, Weindruch R. Caloric restriction delays disease onset and mortality in rhesus monkeys. Science. 2009: 325(5937): 201-4.

このようにカロリー制限で認められたサーチュイン遺伝子の活性化ですが、レスベラトロールの摂取でも活性化することが報告されています。

近年では、レスベラトロールを用いたヒト臨床試験も多く行われ、レスベラトロールの摂取によってヒトでもサーチュイン遺伝子が活性化しすること(カロリー制限様作用)が確認されています。
さらに、レスベラトロールは、高用量より低用量の方が直接的にサーチュイン遺伝子を活性化することも発見されており、最適とされる1日当たりの摂取量についても変化してきております。

もっと詳しく >> レスベラトロールの摂取目安量に関する見解