還元型CoQ10のMNMの商品は作れる?

還元型コエンザイムのMNMのハードカプセル商品は、作れません。
ただし、減衰等によるMNMNの含有量は保証できませんが、ソフトカプセル商品は、作ることが可能です。

理由は、ハードカプセルや錠剤加工した場合、還元型コエンザイムQ10が普通のコエンザイムQ10 (酸化型コエンザイムQ10)に戻ってしまい、還元型の原料を使う意味がなくなるためです。
そのため、還元型コエンザイムQ10の商品は、一般的にソフトカプセルです。

一方、NMNをソフトカプセルに配合すると、MNMは反応性の高い原料であるため、加工や経時変化で減衰してしまう可能性がございます。
また、NMNをソフトカプセルに配合した場合、その含有量の定量分析が非常に難しくなります。
ご注意ください。

NMNサプリメントOEM製造の注意点
※詳しくこちらをご参照くださいませ。

なお、弊社では、通常のコエンザイムQ10や包接体コエンザイムQ10 を用いる場合、還元剤としてビタミンCを配合することをオススメしております。ただし、商品設計によっては、通常タイプのビタミンCを配合してしまうと、コエンザイム10(その他:αリポ酸やNMN)と反応してしまいますので、特殊なビタミンCを採用するようにしております。
詳しくは、弊社までお問い合わせくださいませ。

健康食品サプリメントOEM製造へ戻る