NMNサプリメントOEM製造の注意点

現在、NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)のOEM製造依頼が増えております。特に、NMN原料をご支給されるケースが増えております。
一方、こういったNMN原料をご支給されて製造される場合、注意点がございます。

NMN原料は、製造メーカーによって嵩比重が全く異なり、多くを占める嵩比重の軽い原料はハードカプセルに多く入らないという問題を生じることが多々あるためです。
※NMNは、減衰性や安定性の観点よりハードカプセルに充填されることが多いです。

弊社では、1号カプセルにNMNを200mgしか充填できなかったケースもあります。1号カプセルであれば、通常、350mgほど充填可能です。
また、流動性や固結性などの問題から、充填機の適正や技術の差で充填できないことも多々あります。

そこで、NMN原料をご支給いただく際、事前に、出来るだけ以下の情報をいただけますと幸いです。

嵩比重(必須)
原料メーカー

実績のある原料メーカーの原料であれば、充填可能量などが弊社である程度の想定が可能です。
工場レベルや品質管理も想定可能です。

また、原料の保管状況などによって固結しやすい原料でもあるため、原料が固結していた場合、別途再粉砕の加工が必要になります。ご注意ください。

最後に、現在、NMNサプリメントOEM製造は、日本国内ではなく中国に販売される案件が多く問い合わされます。
正規輸出は、現段階において不可能と考えられるため、越境ECでの販売になるでしょう。
越境ECでも、配合できない原料はないものの、GPM工場での製造が必須となり、10都県以外での製造が好ましくなります。中国向けの商品の場合、その旨を担当者にお伝えくださいませ。

なお、高額な原料でもあるため、弊社では、原料品質管理を兼ね、充填加工前にNMN原料の純度分析(1検体5万円)をオススメしております。
※コエンザイムQ10ブームの時のように、偽物が安価に出回る可能性があります。
ご要望がございましたら、担当者にお伝えください。

NMN商品設計の注意点と組み合わせ素材

NMNの商品は、単味で用いられることもありますが、差別化戦略として、複合処方で商品化されるケースも非常に多いです。

その時、注意すべきは、「反応性」です。

弊社でも、NMNではないですが、シトルリン、オルニチン塩酸塩、カルニチン酒石酸塩、α-リポ酸、コエンザイムQ10などで、組み合わせによっては反応性を確認しております。同様な反応の可能性がNMNにもございます。
傾向として、吸湿性の高い原料が反応を加速させる傾向が認められます。吸湿性の高いハーブ抽出物なども、注意が必要です。
出来れば、最低限、テーブルワークでの簡単な加速試験を行ってから製造されることをオススメいたします。

相性の良い素材

レスベラトロール
コエンザイムQ10
PQQ
プロテオグリカン
プラズマローゲン
ジオスゲニン

NMNと最も多く配合されるのは、同じくサーチュイン活性化やインスリン感受性に関与するアンチエイジング素材であるレスベラトロールです。
レスベラトロールでも、1日あたり10mgでインスリン感受性改善のデータも有するため、マウスで糖代謝の正常化が確認されているNMNと相性が良いです。

NMNも補酵素であり、同じくコエンザイムQ10やPQQのような補酵素とは、相性が良いものと考えられます。
その他、補酵素であるビタミンB群や酵素の粗原料になる亜鉛などと組み合わせても良いでしょう。

中国向け商品の場合、プロテオグリカンやプラズマローゲンのような少量で効果が期待できるような日本独自素材を組み合わせても良いです。また、1日あたり8mgから有効性が示されている次世代アンチエイジング素材ジオスゲニンも、オートファジー素材として中国で研究が盛んに行われている背景を加味すると、オススメな素材です。

※NMNの機能性に関しては、弊社の健康食品サプリメントOEM製造情報サイトのNMNページをご参照ください。
※レスベラトロールの機能性や文献情報に関しては、本サイトのレスベラトロール摂取目安量への見解をご参照ください。
※ジオスゲニンの機能性や文献情報に関しては、本サイトのジオスゲニン摂取目安量への見解をご参照ください。

是非、参考にしていただければ幸いです。
なお、上記素材は、弊社で調達可能です。お気軽に担当者へお申し付けください。

OEMページに戻る