無添加サプリメントを作りたい


かなり制限がありますが、食品添加物を一切使用しない無添加サプリメントの製造は、可能です。
一方、どのようなサプリでも無添加サプリにできる訳ではございません。

まず、カプセル商品は、カプセルの被膜が食品添加物のため、無添加ではなくなります。
顆粒や錠剤の商品は、比較的、食品添加物フリーの設計が行いやすいです。

また、ほとんどのビタミンやアミノ酸は、食品添加物(強化剤)に分類されます。したがって、厳密には、無添加と標榜できません。

天然素材だけのビタミンの商品を作ることは可能ですが、原料が日本で流通していないため、一定の条件でのみ供給させていただきます。その際、製造コストとは別途で100万円以上のコスト(徳中仕入れ原料代など)が生じてしまいます。
当然、1商品あたりのコストも、合成ビタミンで製造する場合とは比べ物にならないくらい、高くなります。
何卒ご理解くださいませ。

なお、合成着色料・香料・保存料フリーなどの限定した無添加は、容易にできます。弊社資料から抜粋した案内をご参照くださいませ。

【無添加の表現について】
無添加とは、表現できますが、何が無添加かなのかの表示が必要です。食品添加物フリー、合成着色料・香料・保存料フリーなど、商品設計によって可能な表現が変わってきます。
合成着色料・香料・保存料フリーなどの限定した無添加は、サプリメントではごく当たり前のため、容易に表示いただけます。
(ある意味、消費者を騙しかねない表現のため、弊社では、推奨しておりません。)

ただし、ビタミンやアミノ酸は、基本、食品添加物となります。サプリメント形状の場合、基本、保存料は、配合されませんが、ビタミンCやビタミンEは、酸化防止剤としても使用されるので、厳密には保存料フリーとは言いにくいです。また、食品添加物の原料には、キャリーオーバーとして保存料が使用されている場合もあるため、注意が必要です。

弊社資料より抜粋  



また、限定的な無添加でも、表現をご希望の場合は、以下の特設ページの「3. 無添加/添加物フリー」をご参照くださいませ。

ニーズが高いクリエイティブNG表現例

主に広告表現となるため、お客様責任となりますが、可能な範囲でご要望の無添加条件で商品設計をご提案させていただきます。お問い合わせの際、担当者に無添加条件をお伝えくださいませ。

健康食品サプリメントOEM製造へ戻る