無添加サプリメント製造の注意点

世の中に、無添加を謳うサプリメントは、数多く流通しています。
一方、無添加の条件が非常に曖昧なため、食品添加物や合成工程のある食品原料を数多く用いた商品もあれば、本物の商品もあり、市場は玉石混交の状態です。

実は、無添加サプリメントは、どんな商品でも謳うことができます。
通常、以下のようなサプリメントではしようしないような添加物を無添加と言ってしまえば、簡単に無添加を謳うことが可能です。

【通常使用しない添加物】保存料 酸化防止剤※ 発色剤 漂白剤 防かび剤 膨張剤 調味料 酸味料 苦味量 ガムベース pH調整剤 乳化剤(ソフトカプセル・プロテイン以外)
【合成に限定すれば通常使用しない添加物】合成着色料(タール系色素)

【不使用でも製造可能な添加物】栄養強化剤※ 製造用剤 甘味料 乳化剤 光沢剤 増粘剤 酸味料 着色料 香料



また、不使用でも製造可能な添加物もたくさん存在します。

実際、強化剤のビタミンやミネラル、アミノ酸の使用だけは容認するというお客様もいれば、添加物に限らず合成工程がある原料はNGと徹底された高い基準の無添加を目指されるお客様もいらっしゃいます。

どこまでの添加物を使用して無添加を謳うかは、販売者様の考え方次第なのです。

剤形別無添加サプリメントの特徴


剤形毎に、無添加サプリメントの対応事情が異なります。剤形毎に、製造上の事情や注意点を紹介いたしました。

錠剤

打錠/錠剤/タブレット

錠 剤

錠剤の場合、意外に不使用で製造するのが難しいのは「滑沢剤」です。

(添加物)ステアリン酸カルシウム、ショ糖エステル など
(食品)ナタネ硬化油

弊社では、商品設計にもよりますが、ナタネ硬化油を用いた食品添加物不使用のサプリメントも製造しておりますが、特殊なケースとして、滑沢剤も使用しないで錠剤加工を行った実績もございます。

錠剤では、コーティングを用いる場合、主にゼイン(トウモロコシたん白)、セラックやHPMCなどの添加物が利用されます。また、糖衣錠の場合、さらに食品添加物の使用量が増えてしまいます。
こういった素材を使うか、コーティングを行わない素錠にするかを選択する必要があります。なお、無添加系サプリメントの多くは、素錠が選択されています。

チュアブル錠の場合、摂取粒数を減らす理由やコストダウンの観点などから合成甘味料が使われるケースが多いです。

ハードカプセル・ソフトカプセル

カプセル

カプセルの場合、被膜剤のカプセル自身が添加物です。
ハードカプセルだと、豚ゼラチンもしくはセルロース系のHPMCのカプセルが主流です。ただし、賦形剤(流動助剤など)は、なるべく無添加にすることであれば可能です。

ソフトカプセルだと、オイル以外の原料を配合する場合、乳化剤などの添加物の使用が必須になってきます。

また、カプセルの着色には、白に酸化チタン、茶にカラメル色素やカカオ色素と、着色料が利用されます。着色されていない透明なカプセルも用いることが可能ですが、内容物の色目の変化などが顕著になりますので、パッケージ等への注意書きをオススメしております。

顆粒

顆粒(押出造粒)

顆粒の商品は、プロテインやアミノ酸顆粒などのように味付けが必要な商品は、合成甘味料や酸味料、香料などの添加物を使用する必要があります。一方、青汁などのように味付けを行わない商品は、添加物を用いて味付けする必要がありません。

オリゴ糖などの甘味料で味付けを求められることもございますが、オリゴ糖は甘み付けを行うには甘さが薄いため、十分な甘み付けができません。
無添加系の商品では、食品添加物ですが、ステビアやラカンカの抽出物が用いられます。

ドリンク

小瓶ドリンク

ドリンクは、合成甘味料を用いるとコストが落ちるため、多くの商品でアスパルテームやスクラロースなどの「合成甘味料」が利用されています。
今の世の中、砂糖より合成甘味料の方が圧倒的に安価であり、世の中が合成甘味料を用いた商品で現れてしまう要因となっているのです。

また、酸味料(ビタミンCやクエン酸)も食品添加物ですので、美味しく作るには、食品添加物を使用する必要が出てくるのです。

その他、安息香酸などのような防腐剤も多く利用されています。

ゼリー

ゼリーは、寒天で固めることも加納ですが、主にゼラチンや増粘多糖類(カラギーナンなど)で固めるため、必然的に食品添加物を利用することになります。

その他、ドリンク同様、合繊甘味料や防腐剤、酸味料も多く使われています。

特に、健康食品サプリメントのゼリーは、一般食品(菓子など)の3~6ヶ月の賞味期限ではなく、1~2年と長い賞味期限を付けることが多いため、必然的に防腐剤などの食品添加物が多く使われてしまう事情がございます。

無添加商品の剤形

錠剤は、工夫次第では無添加サプリメントに仕上げやすいです。顆粒は、味付けを行わないのであれば、無添加サプリメントに仕上げやすいです。

反対に、ゼリーやドリンクは、レベルの高い無添加で製造するにはハードルが高い剤形と言えます。

具体的には、担当者が丁寧にサポートし、最適な剤形をご提案いたします。お気軽にご相談くださいませ。

健康食品サプリメントOEM製造ページに戻る