原料を支給しても大丈夫?

ご支給いただいても全く問題ございません。
現在、既存のお客様からも、複数の原料をご支給いただいております。

ただし、工場側の受け入れ基準がございますので、必ずご支給原料の規格書もしくは試験成績書を事前にご提出いただいております。
国内で流通実績のある原料であれば、全く問題なく、受け入れが可能だと考えられますが、極まれに受け入れ基準を満たさない原料もございますので、ご注意くださいませ。

一方、ご支給される原料が海外原料の場合、ご支給いただいても受け入れできない可能性もございます。
まずは、食薬区分を簡単にチェックさせていただき、規格書(Specification)や製造工程表(Manufacturing flow chart)をご手配いただきます。そして、弊社基準をクリアするようであれば、ご支給いただけます。

原則、お客様が原料を正規通関されることを条件としております。例えば、非正規通関で工場に原料を直送いただくことはできません。特に、原料を海外から直送すると、受取人が輸入者になってしまい、原料の品質担保責任が受取人に生じてしまいます。ご注意くださいませ。

なお、食品原料の輸入には、以下のような手続きが必要です。

 1. 検疫所への事前相談 → 輸入の可否・輸入時の指定分析の指導など
 最低限必要な書類:規格書 or 試験成績書、製造工程表(加工助剤なども明記されたもの)
 準備する情報:成分もしくは起源原料の食薬区分
 2. 税関への事前相談 → 関税の確定
 ※航空便で成田空港に届ける場合、所管は東京検疫所東京税関になります。



原料の食薬区分や工場の受け入れ条件等も紹介されております。以下のページもご参照くださいませ。

原料の食薬区分

詳細に関しては、弊社までお問い合わせください。
※ただし、原料の輸入の仕方は指導いたしません。

健康食品サプリメントOEM製造へ戻る