フェリチン鉄とは

フェリチン鉄とは、肝臓や脾臓で貯えられている貯蔵鉄です。第2の鉄とも呼ばれます。
※フェリチン鉄は、アポフェリチンと区別するため、鉄を含有したフェリチンをフェリチン鉄としています。

そのフェリチン鉄は、右イラストのようにフェリチンという水溶性たんぱく質が複数の鉄(バイオミネラル鉄 Fe2O3H2O)を包んでいます。

鉄が必要な時に、鉄をリリースし、ヘモグロビンに鉄を供給します。そして、鉄が酸素と結合して体中に酸素を運びます。

1990年代、こういった貯蔵鉄が大豆に含まれることが発見され、その吸収機構や生物学的利用能など、新たな鉄栄養素として多くの研究がカリフォルニア大学エリザベス・タイル教授らのグループが中心になって行われてきました。

Ferritin-iron is released during boiling and in vitro gastric digestion. J Nutr. 2008;138(5):878-84.
代謝のキープレイヤー・フェリチンの鉄給源としての可能性についてフェリチン鉄は「第三」の栄養鉄形態か? 化学と生物 2017; 55(8): 514-517.

大豆フェリチン鉄の吸収機構


フェリチン鉄は、エンドサイトーシス(左図:イメージ)という特別な吸収機構で高分子のまま吸収されます。無機鉄などと異なり、2価の鉄に還元されてから吸収される必要がありません。
鉄イオンになってから吸収されないため、鉄イオン特有のフリーラジカルも生じさせないで吸収できることが最大の特徴です。

鉄によるフリーラジカルの害(便秘や胸焼けなど)を受けやすく、鉄不足に陥りやすい女性のための「優しい鉄素材」です。

Caco-2 Intestinal Epithelial Cells Absorb Soybean Ferritin by μ2 (AP2)-Dependent Endocytosis. J Nutr. 2008; 138(4): 659–6.

吸収の良い非ヘム鉄:フェリチン鉄

現在、多くの方は「ヘム鉄は吸収が良い」「非ヘム鉄は吸収が悪い」という認識を持っていると思います。
その常識を覆したのがフェリチン鉄でもあります。

フェリチン鉄は、ヘム鉄と同様、生体に存在する生体鉄です。一方、ヘム鉄とは異なるため、非ヘム鉄に分類されます。
非ヘム鉄であるフェリチン鉄の吸収は良くないのでしょうか?

答え:悪くありません。

ヘム鉄と同じくらいの吸収が示されている報告が存在します。フェリチン鉄は、ヘム鉄と同様、生体鉄でもあるので、体が利用しやすいのだろうと考えられています。実際に、フェリチン鉄は、ヒトでの臨床試験も複数実施されており、優れた吸収性が示されています。そのため、ヘム鉄・非ヘム鉄のどちらにも分類されない第三の鉄素材として注目が高まりつつあるのです。

Iron absorption from soybean ferritin in nonanemic women. Am J Clin Nutr. 2006;83(1):103-7.
Absorption of iron from ferritin is independent of heme iron and ferrous salts in women and rat intestinal segments. J Nutr. 2012;142(3):478-83.

まめ鉄 SloIron

まめ鉄は、子供や高齢者が摂取しやすいをコンセプトに、カリフォルニア大学バークレー校で開発された世界初の大豆由来のフェリチン鉄素材です。

大豆フェリチン鉄:まめ鉄に戻る