まめ鉄/SloIronとは?

豆由来フェリチン鉄は、まめ鉄(日本の商標)とSloIron(米国・日本の商標)の名前で流通しております。
現在、日本以外の国では、米国老舗サプリメント会社であるフローラ社が独占契約権を保有しております。したがって、豆由来フェリチン鉄原料供給が行われているのは、日本だけになります。
※供給を受けている弊社は、現在、OEMでのみ供給しております。

豆由来のフェリチン鉄の研究は、1990年頃よりカリフォルニア大学バークレー校のエリザベス・タイル教授らによって行われ始めました。タイル教授は、フェリチンの研究を1960年代より行っているフェリチン研究の第一人者です。

そして、豆由来フェリチン鉄の原料を世界中に供給するために作られたのがタイル教授も株主であるSloIron社(SloIron Inc.)です。
弊社や弊社栗山も、研究開発費を投じ、豆由来フェリチン鉄原料の供給を目指しました。

SloIron社が供給する豆由来フェリチン鉄原料:SloIronは、大豆由来の原料からスタートし、この原料を用いた商品が世界で初めて日本で発売されました。

 写真:レピールオーガニックス まめ鉄

本原料は米国のUSDAオーガニック認証を取得しているため、オーガニックやヴィーガン(ベジタリアン)の市場でも高い評価を得ています。
上記のように、すべての使用原料がオーガニック認証を得ているような商品も販売されています。

また、今後、米国で販売を行っているフローラ社は、”Highly absorbable 高吸収”を表示したヴィーガン対応サプリメントとして展開予定です。

現在、ミロ活ブームによる鉄商品のニーズ拡大により、まめ鉄/SloIronが用いられた商品が市場へ続々と投入されています。現在も、弊社では、複数の案件が進行しております。

フェリチン鉄とは?

How to Use まめ鉄:フェリチン鉄

今後の展望

現在、弊社のOEMでのみ供給されている本原料は、弊社の11期(2021年3月以降)、以下のように限定された条件で原料供給が開始される予定です。

<使用条件>
・まめ鉄由来の鉄として3mg/日以上の配合
・商標の利用と表示

※販売会社様単位で誓約書の提出が必須
※最初の6ヶ月は既存顧客(商社・問屋の顧客は別途ご相談)ならびに販売会社様限定

なお、上記の通り、本原料は、市場が成熟し多くの商品が市場流通するまで、使用条件を付けて管理していきます。微量配合でフェリチン鉄などの標榜が行われること防止するためです。そのため、最終顧客が開始されないケースが多い問屋・商社ルートでの販売は、制限させていただく予定です。
※先行されたOEM顧客は、価格面で最大限優遇することをお約束いたします。
※基本、個別対応で、場合によっては、一次代理店を設ける可能性もございます。
ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

また、2021年、本原料は、日本人女性でのヒト臨床試験が計画されています。今後、ますますの飛躍が期待されています。

機能性食品原料に戻る