鉄の摂取目安量と女性向けサプリメント設計

鉄の摂取目安量の特徴は、摂取量が月経の有無で変化するだけではなく、妊娠期によって付加量も定められているため、明らかに性差(男女差)がある点です。

出典:日本人の食事摂取基準(2015 年版)

そのため、男女の平均値では、あまり不足していないように見えがちな栄養素ですが、女性(月経あり)や妊婦に限定すれば、不足しているケースが非常に多い栄養素です。

この不足量に関しては、推奨量から栄養摂取の調査結果を引けば算出が可能です。

平成29年国民健康・栄養調査によると、20-29歳と30-39歳の女性の鉄の摂取量は6.4mgです。そして、その年代の月経ありの女性の鉄の推奨量は10.5mgです。

したがって、平均して4.1mg、推奨量より不足していることがわかるのです。

また、妊娠期中期・後期なんて、21~21.5mg(月経なし:6~6.5mg+付加量:15mg)も必要になるので、14.6~15.1mgも不足することになります。
妊婦さんの多くが鉄不足を感じる理由です。

出典:平成29年国民健康・栄養調査

サプリメントによる鉄の補充量

鉄補充を目的とした女性向けサプリメントに鉄を配合する場合、以下の配合量がオススメです。

妊婦以外の女性:4~10mg
妊婦:10~15mg

鉄の注意点として、過剰症と副作用です。
鉄は、フリーラジカルでもあるため、摂り過ぎに注意が必要です。また、フリーラジカルの害ができるだけ少ない素材を選択することも重要です。

鉄の供給源としては、クエン酸鉄やピロリン酸鉄のような無機塩、ヘム鉄、フェリチン鉄などが存在します。ニーズに合わせて、鉄素材を選定する必要があります。

なお、ヘム鉄は、動物(主に豚)の血液を由来としているため、ベジタリアンやイスラム圏の方の利用にも注意が必要です。女子アスリートは、ドーピング成分の残留にも注意が必要です。

成分紹介記事筆者

アンチエイジング・プロ
株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員
広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。…もっと詳しく