プロテオグリカンとは

まず、プロテオグリカンって、どんなものなのでしょう?どんなものから作られているのでしょう?

プロテオグリカンとは、お肌や関節に含まれる保水成分です。コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどと一緒に存在しています。現在、主に氷頭(ヒズ)と呼ばれる鮭の鼻軟骨から抽出されています。

このプロテオグリカンは、羽毛のような形状をし、ヒアルロン酸の鎖に生えています。実は、ヒアルロン酸と共に、お肌や関節の保水作用を担っている成分なのです。

コアタンパク質から生えたグルコサミノグルカン、実は、主にコンドロイチンです。コンドロイチン原料は、プロテオグリカンを分解・抽出して作られます。
このコンドロイチンが生の形のままで存在しているのがプロテオグリカンであり、分子量40~150万Da以上、活性部位を保持したまま抽出

プロテオグリカンの歴史


過去は壊れない形での抽出が非常に難しかったため、プロテオグリカンは、1g3000万円という宝石なような価格で流通していた時代もありました。そして、2001年、弘前大学で鮭鼻軟骨からの食酢(酢酸)を用いた抽出法が開発され、低コストかつ高純度の条件でプロテオグリカンの大量生産が可能となりました。

現在では、根室圏産業技術振興センターのグループの研究により、さらに壊れていない生の形により近い極生プロテオグリカンの大量生産も可能になっています。そして、その研究は、米国での特許取得や、ものづくり日本大賞・内閣総理大臣賞の受賞などと評価されつつ、ヒト臨床試験での効果の実証や絶対分子量の解明など、現在でも進化し続けています。


成分紹介記事筆者

アンチエイジング・プロ
株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員
広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。…もっと詳しく

弊社原料製品:リナイス社のプロテオグリカン

弊社が一次代理店を務めるリナイス社のプロテオグリカンは、特許第6611968号に基づき製造されており、生の鼻軟骨から抽出され高分子サイズであることが特徴です。

また、ヒト臨床試験も実施されており、現在、弊社栗山らが実施した2報目のヒト臨床試験に加え、膝関節痛の緩和を謳う機能性表示食品への完全対応が進められています。

鮭鼻軟骨抽出物摂取の膝関節痛に対する効果 新薬と臨牀 2016; 65: 1507-1521.
鮭鼻軟骨由来プロテオグリカン含有食品の膝関節への有効性試験:ランダム化プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験 薬理と治療 2017; 45(11): 1795-1808.

鮭鼻軟骨抽出物に戻る