ニーズが高いクリエイティブNG表現例

お客様とのトラブルで、最も多いのは、パッケージ上でのクリエイティブ表現です。
多くのお客様は、LPなどの広告クリエイティブと同じ表現がパッケージでも記載できると勘違いされているためです。
基本的に、広告クリエイティブとパッケージでは、景品表示法などの規制レベルが全く異なるのです。

最も多い4つの例を紹介いたします。

1. 天然
天然とは、一般的に生鮮食品でしか用いることができない表現であり、サプリメントなどは、加工が施されている加工食品である段階で、天然とは謳えません。
ただし、植物由来であれば、植物性などの表現が可能です。

天然の表現は、ランディングページで表現している会社さんも存在しますが、ここ最近、ドンドン指導を受けて表現されなくなっています。天然葉酸という表現も、ここ最近、合成葉酸を酵母に含浸させて製造されるため、行われなくなりました。

天然志向という表現は、使われることがあります。一方、食品添加物を無添加などにしないと、嘘っぽいという現状もあります。


2. オーガニック/有機/無農薬
オーガニック/有機/無農薬の表現は、原則、商品として有機JASの認証を取得していないと謳えません。平成27年以降、国内に限らず海外のものでも有機認証が取得された原料を使用していれば、原料単位の優良誤認を招かない条件付きで表示は可能になっています。ただし、どこの国のどんな認証か?まで詳しく記載する必要があります。

自生している原料や海外のオーガニック認証を取得してる原料は、「農薬を使用しないで栽培した●●」という表現までは可能です。
農薬を使用していなくても、飛散したりして農薬に汚染されるケースもあります。そこが線引きされているのです。


3. 無添加/添加物フリー
無添加とは、表現できますが、何が無添加かなのかの表示が必要です。食品添加物フリー、合成着色料・香料・保存料フリーなど、商品設計によって可能な表現が変わってきます。

【不使用でも製造可能な添加物】栄養強化剤※ 製造用剤 甘味料 乳化剤 光沢剤 増粘剤 酸味料 着色料 香料

【通常使用しないも添加物】保存料 酸化防止剤※ 発色剤 漂白剤 防かび剤 膨張剤 調味料 酸味料 苦味量 ガムベース pH調整剤 乳化剤(ソフトカプセル・プロテイン以外)
【合成に限定すれば通常使用しない添加物】合成着色料(タール系色素)

ビタミンやアミノ酸は、基本、食品添加物となります。
サプリメント形状の場合、基本、保存料は、配合されませんが、ビタミンCやビタミンEは、酸化防止剤としても使用されるので、厳密には保存料フリーとは言いにくいです。
また、食品添加物の原料には、キャリーオーバーとして保存料が使用されている場合もあるため、注意が必要です。

ちなみに、弊社では、食品添加物フリー以外、無添加や添加物フリーの表示は推奨しておりません。


4. 漢方
漢方という表現は、薬機法に抵触し、利用することはできません。
ただし、和漢という表現は、認められているようです。

その他に、生薬という表現もNGです。また、山薬(山芋)やヨクイニン(ハトムギ)など、漢方薬特有の名称も食品に利用できません。ご注意くださいませ。


5. マルチビタミン/マルチミネラル
マルチと表現すると、原則として、栄養摂取基準に定められているビタミン/ミネラルのすべてを表記する必要がございます。また、○種のビタミン/ミネラルと協調表記した場合、健康増進法上、強調表記している○種類すべての含有量表記が必須です。

規格化されていないけど、分析例がある原料を用いた場合、ビタミン・ミネラルなどの表示を希望されるケースが多いです。一方、商品で分析を実施した上でしか含有量表記ができません。

なお、ビタミンは、減衰を加味して2年後の含有量で配合する必要があるため、ご注意ください。


健康食品サプリメントOEM製造へ戻る