ヴィーガン向け健康食品サプリメント製造

近年、ヴィーガンスイーツなどの盛り上がりと共に、ヴィーガン向け健康食品サプリメントのニーズが高まっており、市場規模が拡大しております。
今後、流行に敏感な若い女性の間で、一気に拡大する可能性も秘めています。

そして、このヴィーガン向け健康食品サプリメントには、利用できない動物系素材が存在します。最も制限が厳しいヴィーガンに限らず、基本、ベジタリアンが利用できない素材を以下のように示してみました。

ヴィーガンを始めとしてベジタリアンが利用できない素材

ヘム鉄・・・牛・豚の血液から抽出して製造
ビタミンD3・・・羊毛脂から抽出したコレステロールをもとに合成
豚・馬由来プラセンタエキス
鶏由来プラズマローゲン

その他、ニッチな素材として、豚睾丸エキス、ウミヘビ末、馬心臓粉末など、強壮系の商品に利用される動物系素材は利用できないえす。

意外に、問題になるのは、女性向けサプリに利用されるヘム鉄です。由来が知られていないことが多いためです。
また、ヘム鉄の場合、イスラム圏などの食制限にも引っかかってきます。
代替素材として、クエン酸鉄やピロリン酸鉄を利用すれば良いのですが、副作用の関係から敬遠されてしまいます。

また、近年、ビタミンDが免疫強化の観点から、米国に限らず日本でも増えてきています。
ここ最近、ヴィーガンは厳密には合成のビタミンD(;ビタミンD3)を利用できないことが問題になり始めています。

また、ベジタリアンには、制限の違いがあり、一部のベジタリアンは、利用可能な素材が存在します。

ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)が利用可能な素材

ホエイプロテイン
フィッシュコラーゲン
サケ鼻軟骨由来プロテオグリカン
魚由来エラスチン

このペスコ・ベジタリアンは、インドの富裕者層に多いです。
実は、日本人も、江戸時代以前は、ほぼペスコ・ベジタリアンのような食生活をしておりました。
原則、ヴィーガンが利用できないため、非常に限定されたニーズですが、こういった素材も存在します。

ヴィーガンのナチュラル志向

ヴィーガンの方々の多くは、同時にナチュラル志向の方が多いです。
ナチュラル志向の追及で、ヴィーガンになられる方が多いことが理由です。
ナチュラル志向でも、出来るだけオーガニックを選択する方が多いのも特徴です。

そのため、ヴィーガン向け健康食品サプリメントでは、化学品を避ける必要があります。
食品添加物を利用する場合は、貝カルシウム・サンゴカルシウム・藻類カロテン・トマトリコピン・ナタネ硬化油など、抽出工程だけで合成工程のない天然系の食品添加物を選ぶ必要があります。
マカ、キヌア、ゴジベリーやスピルリナなどのスーパーフードとも相性が良いでしょうね・・・。

なお、究極のナチュラル志向の方々の中は、抽出物もオーガニック素材に限定していたり、抽出すら認めないという方々もいらっしゃいます。
追求すればするほど商品幅は狭まります。どこまでナチュラル志向を追求するかは、メインとするターゲット層を加味して決定することをオススメいたします。


ヘム鉄の代替素材として、クエン酸鉄やピロリン酸鉄を挙げましたが、そもそも、この様な化学品は、ヴィーガンの方々の嗜好に合わないのです。
実は、鉄素材だと大豆由来フェリチン鉄などに限定されてしまうのです。

是非、ヴィーガン向けの健康食品サプリメントを製造される場合、本ページの情報をご活用いただければ幸いです。

健康食品サプリメントOEM製造に戻る

ヴィーガンが欠乏しやすい栄養素

ヴィーガンが欠乏しやすい栄養素として、以下のような栄養素があります。肉や魚に多く含まれる栄養素が中心に欠乏しやすいです。

たんぱく質
カルシウム
鉄分
亜鉛
ビタミンB12
オメガ3脂肪酸

近年、たんぱく質は、大豆・エンドウ豆・キヌア・玄米由来のプロテイン商品が流通しているため、ナチュラル志向な植物プロテイン商品を活用すれば、比較的補いやすくなってきております。
海外では、ヴィーガン向けのプロテインの場合、人工甘味料フリーが必須で、オーガニック認証を取得した商品も多く出回っています。

カルシウムは、乳カルシウムや卵殻カルシウムを避ければ、サプリメントで補うことが可能です。海外では、サンゴカルシウム(化石化したサンゴ)などがベジタリアン用のカルシウムサプリメントして人気です。

は、先述の通り、添加物のクエン酸鉄やピロリン酸鉄を利用することも可能ですが、ヴィーガンの方々の志向性を加味すると、オーガニック大豆由来フェリチン鉄がオススメです。

亜鉛は、海外ではキレート亜鉛(日本では指定外添加物)が用いられることもありますが、亜鉛が強化された酵母(亜鉛含有酵母)を用いるのがオススメです。

ビタミンB12は、唯一、なかなか食品添加物以外で補うことが困難です。
一方、食品添加物の原料は、微生物と糖蜜から発酵生産で製造されているため、食品添加物を利用されるケースが多々あります。

オメガ3脂肪酸は、亜麻仁油などに多く含まれるα-リノレン酸として補われることが多いです。ソフトカプセル加工を行う場合、植物性の被膜を選択する必要があります。ナチュラル志向の強い方々は、加工されていない油をスプーンで直接召し上がるケースが多いです。

ちなみに、ビタミンDは、日光を浴びることで体内で合成されるため、適度に日光浴を行えば、不足することはございません。一方、米国で摂取されるような1000-5000IUといった免疫賦活目的で利用される場合、ビタミンD2(マッシュルーム由来)のサプリメントで摂取する必要があります。

ヴィーガン向けの商品を製造される場合、上記の情報をベースに、各栄養素の配合量を検討いただければ幸いです。
海外では、植物プロテインをベースに不足しやすい栄養素を強化した商品が人気です。

記事筆者

アンチエイジング・プロ
株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。…もっと詳しく