グルタチオンサプリメント製造の注意点

グルタチオンは、L-グルタミン酸・L-システイン・グリシンからなるトリペプチドであり、医薬品と健康食品サプリメントの両方で使用されている素材です。
長年、肝臓での解毒や美白・アンチエイジング目的で、利用されてきた素材です。

現在、医薬品のグルタチオンは、日本の原料供給会社からの原料供給が滞っており、かなり品薄状態が続いており、新規の供給や適応症外での使用が想定される販路への供給が制限されております。
そのため、クリニックルートからのグルタチオンサプリメントの供給依頼も多く届いております。

一方、健康食品サプリメント用のグルタチオンと医薬品用のグルタチオンでは、製法が異なります。したがって、医薬品と同グレード・同コストのグルタチオンサプリメントの供給は、非常に困難です。

まず、医薬品用のグルタチオンは、合成法で製造されており、この合成法で製造されたグルタチオンは、健康食品サプリメントに用いることができません。
健康食品サプリメント用のグルタチオンは、酵母による発酵生産で製造された原料に限定されています。

そして、医薬品用と健康食品サプリメント用のグルタチオンは、原料コストに大きな開きがあり、同コストでの供給ができないのが実際です。
また、医薬品用のグルタチオン原料は、高純度の原料であり、健康食品サプリメント用のグルタチオン原料は、15~20%程度と、グルタチオン含有量が低いです。

そのため、医薬品のグルタチオン錠は、1粒に100mgのグルタチオンが含まれますが、健康食品サプリメントでは、このような高用量な製剤を作ることができません。
加えて、健康食品サプリメントでグルタチオンの含有量を表示する場合、グルタチオン単体での表示が認められていません。
出典:事務連絡 平成28年9月16日 各都道府県衛生主管部宛
したがって、グルタチオン含有量を謳う単味の商品を作ることはできず、何らかの素材と共に配合する必要がございます。

商品設計上の注意点

現在、クリニック系のルートでは、NMNやレスベラトロール(赤ワイン由来)、コエンザイム10との配合ニーズが高く、様々な複合処方商品が検討されています。また、2021年に食薬区分に入ったジオスゲニンなども、人気急上昇中の組み合わせです。

一方、NMNは、反応性が強く、安定性を保証できないのが実際です。また、コエンザイムQ10 も反応してしまう可能性があり、グルタチオン原料と組み合わせるのであれば、包接加工された原料を採用することが好ましいです。

また、健康食品サプリメント用のグルタチオン原料は、独特な臭いを有する原料が多く、錠剤であれば糖衣加工、ハードカプセルであればガスバリア性の高いカプセルへの充填が好ましいです。


健康食品サプリメントOEM製造へ戻る


記事筆者

アンチエイジング・プロ
株式会社アンチエイジング・プロ 常務取締役 COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。…もっと詳しく